63 posts.

幕末のリーダー坂本龍馬とは

2020.04.02

唯一無二の行動力を備えた龍馬

「龍馬は江戸幕府を倒すきっかけを作った人」といえます。当時の幕府は外国の要求を拒絶する力が無く、諸藩をまとめる力も弱くなっていました。しだいに、このような幕府では日本を守れないと考え、幕府を倒して天皇の下に統一された国家が必要だと考える人が現れました。龍馬もその一人でした。

龍馬は幕府を倒すために、まず幕府と対抗できる大きな力を持った薩摩藩と長州藩の同盟を成功させます。薩摩藩と長州藩は後々、武力によって幕府を倒そうと考えますが、龍馬は武力行使は最終手段だと考えていましたので、まずは大政奉還を土佐藩に提案します。この案は土佐藩から徳川慶喜に進言され、慶喜もこれを受け入れて、形式上は幕府が消滅しました。そして、龍馬は新政府が進むべき道を新政府綱領八策によって示しました。

龍馬がこのような大きな仕事を成し遂げられたのは、他の人と違う点をいくつか持っていたからです。まず、立場の違う人の言うこともしっかりと聞き、良い所を吸収する柔軟な考えを持っていたこと。そして、多くの人が実現不可能だと思っていることでも成功させられる行動力を持っていたこと。新しい時代の明確なビジョンを持っていたこと。そして最も重要なのは、優れた人脈を幅広く持っていたことです。さらに、龍馬は「世界に出たい」という自分の夢に向かって動いた人でもありました。

少年期

坂本龍馬は、天保6年11月15日※、高知城に近い本町1丁目に生まれた。父・八平、母・幸の間にはすでに4人の兄姉があり、龍馬は末っ子である。兄・権平とは21歳も歳が離れており、長女・千鶴とは19歳離れていた。次女の栄は生没年が分からないが、龍馬が最も慕っていた三女の乙女は3歳年上であった。
坂本家の本家は才谷屋という商家で、龍馬の家はそこから分家して郷士の株を取得した御用人の家であった。

龍馬は幼い頃、愚童であったという説があるが、記録は全く残っていない。12歳から通い始めた楠山塾はすぐにやめてしまう。一説には上士の子と喧嘩をして、喧嘩両成敗ということで父・八平がやめさせたともいわれている。この年に母・幸が亡くなり、以後龍馬は2番目の母・伊与に教育を受ける。龍馬と乙女は、伊与の最初の嫁ぎ先であった川島家へ度々遊びに行き、「ヨーロッパ」というあだ名を持つ川島猪三郎から世界の話を聞いていた。
14歳になると龍馬は日根野道場へ入門し、小栗流の剣術などを習い始め、めきめきと腕前を上げ、19歳の時に江戸へ剣術修行に出かけた。

青年時代

剣術修行のため嘉永6年3月に高知を出発した龍馬は、江戸三大道場の一つである北辰一刀流の千葉定吉(さだきち)道場へ入門した。

同年6月3日には、ペリー率いる黒船4隻が浦賀に来航し、龍馬も品川の沿岸警備に動員された。その頃父・八平に宛てた手紙では、「もし戦争になれば異国の首を討ち取って土佐へ帰ります。」と攘夷(思想を表していた。しかし、1年後に修行を終えて帰ってきた龍馬は、冬に河田小龍を訪ねて、世界と対等に付き合うため、日本には大きな船とそれを動かせる人材が必要だと教えられ、攘夷の間違いを悟った。小龍は絵描きだが、アメリカから11年ぶりに帰ってきたジョン万次郎から聞いた外国の話を『漂巽記略』という本にまとめた人物で、当時外国の事情に詳しい数少ない人物であった。

文久元年、27歳になった龍馬は親戚でもあり親友でもある武市瑞山率いる土佐勤王党に加盟する。翌年、武市の密書を持って萩の久坂玄瑞のもとを訪ねた。久坂から、いまや大名も公卿も頼りにならず、これからは草莽の人々が立ち上がらなければいけないと教えられ、2月に土佐へ帰り、その翌月には脱藩をしてしまう。

脱藩

江戸時代は、藩を出る時には藩の許可が必要で、関所で手形を見せなければならなかった。脱藩とは無許可で藩外に出ることで、現在でいえばパスポートを持たずに日本を出ることに当たる。文久2年3月、28歳で脱藩した龍馬は長州藩に行き、そこから薩摩を目指したと言われているが定かではない。

そして、同年秋江戸へ出て、幕府の軍艦奉行並である勝海舟の弟子となった。勝が書いた『氷川清話』によると、龍馬は自分を殺しに来たと書いているが、前・福井藩主松平春嶽の回顧録では、春嶽が勝への紹介状を渡したとなっており、龍馬に殺害の意図はなかったとも考えられている。

その後、勝は幕府から大坂湾周辺の海防を命ぜられ、その一環として神戸に海軍操練所を建設する。龍馬もそれに同行し、操練所に併設された勝の私塾に入門した。そこで勝の片腕として働くかたわら、海軍の修行に励んだ。

元治元年8月中旬には勝の使者として西郷隆盛と面会した。『氷川清話』によると、龍馬は「なるほど西郷という奴はわからぬ奴だ。少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろう」と勝に報告した。それを聞いた勝は「坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。」と書いている。

勝の弟子となり順風満帆であった龍馬だが、元治元年6月5日、京都で池田屋の変が起こり、状況が一変した。池田屋に集まる過激な尊王攘夷の志士たちが、新選組の近藤勇らによって一掃され、この中に海軍操練所からも参加者がいた。さらに、7月に禁門の変が起こり、この時にも長州藩側として操練所の生徒が参加していた。これらが幕府の怒りを買って、勝は江戸へ呼び戻され、操練所も勝塾も閉鎖となる。龍馬たち脱藩浪人は行き場を失うが、翌年薩摩藩の庇護の下、長崎で亀山社中という商社を作った。

亀山社中は、海運業、海軍、航海術の修行機関などの顔を併せ持つ特異な組織で、各藩の脱藩浪人が中心であった。慶応2年1月21日、龍馬はこの組織を使って、当時非常に仲が悪かった薩摩藩と長州藩の手を結ばせる薩長同盟を成功させた。これにより、幕府に対抗できる勢力が誕生したことになり、それを画策した龍馬は幕府から危険人物としてマークされることになった。

薩長同盟成立の2日後、伏見の寺田屋に泊まっていた龍馬は、伏見奉行所の役人に踏み込まれた。しかし、寺田屋で働いていたお龍の機転と、長府藩士・三吉慎蔵に助けられ、薩摩藩邸に逃げ込むことができた。両手の親指などに深手を負った龍馬は、薩摩藩邸でお龍に看護を受け、その後お龍と結婚し、西郷隆盛や小松帯刀の勧めもあって、薩摩の霧島山に傷の療養を兼ねた新婚旅行に出かけた。

大政奉還

慶応2年7月には、幕長戦争が起こり、亀山社中は長州藩を助けるため、薩摩藩名義で購入したユニオン号で参戦した。また、龍馬は蝦夷の開拓や、島根県沖の竹島の開拓を考えたり、経済人としての本領も発揮していた。この龍馬に目を付けたのが土佐藩だった。薩摩藩と長州藩に遅れをとっていた土佐藩は、慶応3年1月、当時土佐藩政の実権を握っていた参政・後藤象二郎が長崎で龍馬と会談を行う。倒幕を目論む龍馬も、土佐藩を引き込むことは有利になると考え、後藤と手を結び土佐藩に復帰した。これにより、亀山社中は海援隊と名前を変え、土佐藩の組織となり、龍馬は海援隊隊長に就任した。

同年6月頃からは、薩摩藩と長州藩が武力討幕を考え始める。土佐藩は武力討幕を避けたい考えで、その策を龍馬に求めてきた。龍馬は後藤に土佐藩船夕顔の中で、大政奉還を盛り込んだ8つの策を提案した。これが船中八策といわれる。後藤はこれを前・土佐藩主山内容堂に進言し、容堂が15代将軍徳川慶喜に大政奉還を建白し、これを慶喜が受け入れ、10月14日に政権を朝廷に奉還した。

龍馬はその1ヶ月後の11月15日、33歳の誕生日に京都の近江屋で暗殺された。暗殺の実行犯は見廻組という説が有力であるが、黒幕は幕府説、薩摩藩説、土佐藩説、紀州藩説などがあり、未だに謎である。

ライフスタイルカテゴリの最新記事